Jumpers株式会社 NEW

ホームページ リニューアル中の為
こちらでは新情報を提供しています
旧 ホームページを参照する場合は
下のボタンをクリックしてください

「会話器」で人と人を繋ぎます

聴者が自然に話して、難聴者に声で伝える「会話器」を開発。
社会生活で会話コミュニケーションを円滑にすることに役立ちたいと思っています。

「会話器」全体の紹介

今までの実績です

グループトーク
グループトークはワイヤレス会話器です。複数人が同時に双方向で会話ができます。主に大学のゼミやグループ学習、騒音下での会議で使われています。
フェース トーカー
Face Talker(フェース トーカー)は送信機から受信機へ声を伝送するワイヤレス会話器です。写真の箱型と首掛け型があります。
主に大学の講義、医療機関、アクティブシニアの社会生活、集団補聴で使われています。
対話くん
「対話くん」はイヤホン分離型の会話器です。近くの人(達)と会話をするのに役立ちます。
主に高齢難聴者に使われます。
市役所、病院といった公的な場所にも導入されています。
対話くん
「対話くん」はイヤホン分離型の会話器です。近くの人(達)と会話をするのに役立ちます。
主に高齢難聴者に使われます。
市役所、病院といった公的な場所にも導入されています。

ワイヤレス会話器

大学、企業で役立っています

グループトーク中
グループトークは6人の声を集められますが、このシーンでは2人がトークユニットを首に掛けて、そのマイクで拾った音を基地局に送っています。
基地局に声を集めます
送られた各人の声を基地局で集めて、その音を再送信します。(この例ではロジャーペンというワイヤレス補聴器の送信機のオーディオ入力に入れています。)
自分の補聴器に送信
彼女の耳に掛かっているのが、受信機能付きの補聴器です。再送信された2人の声が補聴器で聞こえています。このように複数人の声がはっきりと聞こえます。
自分の補聴器に送信
彼女の耳に掛かっているのが、受信機能付きの補聴器です。再送信された2人の声が補聴器で聞こえています。このように複数人の声がはっきりと聞こえます。
愛知県立大学の鈴木さんは、グループトークに出会って、「これがあれば、複数人と一緒にする仕事を選択肢から外さなくてもいい、未来が開けた!」と言っています。現在は簡易式グループトークを持って外国留学中です。

グループトークの導入実績です

名古屋大学、信州大学、群馬医療福祉大学、神戸大学、
大阪体育大学大学院、長崎大学、横浜国立大学、岡山大学、愛知県立大学、武蔵野大学、龍谷大学、 放送大学

ブリヂストン株式会社、、日産自動車株式会社、富士通株式会社、湘南信用金庫、ポーラ化粧品、キヤノンマーケティングジャパン株式会社 他

Face Talkerの導入実績です

神奈川大学、和光大学、国際医療福祉大学、日本福祉大学、花園大学、大手前大学、大阪学院大学、小樽商科大学、大正大学、青山学院大学、琉球大学、名古屋大学、群馬大学、山形大学、工学院大学

コスモエネルギーホールディングス株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社、横浜上原教会、ブリヂストン株式会社、株式会社 キジマ、品川成年後見センター、健康生きがいづくり品川協議会、国立精神神経医療研究センター病院、兵庫県聴覚障害者情報センター 他


医療機関で役立っています

安全で確実な医療の提供
育成会 横浜病院

昨今の医療事故・インシデン卜の原因の多くが「コミュ二ケーションエラー」にあります。 医療者間だけではなく、患者様が聞き間違いのないように対話の環境を整える必要性を感じていました。
患者の表情が良くなります

衣笠病院 

「表情がとても良くなる!」
フェーストーカーを導入している多数の医師から聞く言葉です。
南院長は、少し曖昧な聞こえの人や、補聴器をしてても聞こえない人にも(外してもらい)、積極的に使います

検査に欠かせません
横須賀中央眼科

診療ではフェース トーカーを、検査では「対話くん」を使います。
検査室では騒音レベルが上がっており、補聴器では会話ができないことも多く、その場合は補聴器を外して貰って、「対話くん」で話さないと会話になりません。
検査に欠かせません
横須賀中央眼科

診療ではフェース トーカーを、検査では「対話くん」を使います。
検査室では騒音レベルが上がっており、補聴器では会話ができないことも多く、その場合は補聴器を外して貰って、「対話くん」で話さないと会話になりません。

導入医院例

内科 育成会横浜病院、衣笠医院、
 群馬 岡野内科胃腸科
訪問診療 睦町クリニック
耳鼻咽喉科 なかむら耳鼻咽喉科、
 江沢医院、菅野耳鼻咽喉科

眼科 静岡 医療法人社団 海仁、
 横須賀中央眼科

整形外科
 はやし整形外科、河原整形外科、

 宮川整形外科、ごとう整形外科、
 松宮整形外科、神田整形外科、
 石井整形外科

会社概要

  • 社名
  • ジャンパーズ  カブシキガイシャ
    Jumpers株式会社
  • 創立    2011年4月1日
  • 資本金   1,320万円
  • 代表取締役 西尾 俊廣
  • 本社
    〒221-0045
    横浜市神奈川区神奈川2-17-1
    高崎営業所
    〒370-3522 
    高崎市菅谷町818-8
  • 連絡先
     電話 045-900-1508
     FAX 027-372-3039
     E.mail : jumpers@jumpers.co.jp
  • 本社
    〒221-0045
    横浜市神奈川区神奈川2-17-1
    高崎営業所
    〒370-3522 
    高崎市菅谷町818-8

沿革

2011年

高齢者用の高品位音楽伝送を目指し、
Jumpers株式会社を創立

2012年

市場調査の段階で高齢者の多くが会話に困っていることに気付き、
開発テーマを「難聴者に会話を取り戻す」ことに変更

2013年

複数人会話器:グループトークを開発

2014年

対面型会話器:フェーストーカーを開発

2017年

横浜市からソーシャルビジネスのブラッシュアップサポートを受ける
箱型フェーストーカー(Face Talker)

イヤホン分離型「対話くん」を発売

2018年

4月 東京新聞に記事が掲載される
6月 第113回 かわさき起業家オーディションにて受賞

2019年
高齢難聴者に向けてネット販売を開始
2013年

複数人会話器:グループトークを開発

「対話くん」
ネット販売
「対話くん」のネット販売のページです。1週間の無料お試しができます

「対話くん」の
詳しい説明、お客様の声
はこちらへ
「対話くん」
ネット販売
「対話くん」のネット販売のページです。1週間の無料お試しができます

「対話くん」の
詳しい説明、お客様の声
はこちらへ

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらからお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信